プロ作曲家でもやっていける機材について【Waves編】

DTM/DAW
10 /16 2017
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、ひよ作です

今回はミックスマスタリングプラグインでおなじみのWavesについて。

Wavesプラグイン【オススメ度☆☆☆】

DTMのことを調べるとすぐ引っかかるWaves。
一昔前はプロ用ってイメージでしたけど、今ではアマチュアの人もかなりの割合で持ってるんじゃないでしょうか。
特に最近は狂ったようなセールを連発し、完全に定価があってないものとなり、(昔からそうでしたが、今は桁違い)、一家に一台的な立ち位置になりつつある気がします。

とはいえまだ導入されてない方もいると思うので、ご参考になれば。

まず前提として、セールでめちゃくちゃ安くなるので、定価では買わないようにしましょう。(もちろんお金に余裕がある人は結構ですが。)

DTM界隈では有名人のゆにばすさんのツイッターやブログをフォローすれば、逃すことはなくなると思うのでおすすめです。(セール沼にはくれぐれもご注意を。)
https://twitter.com/universe_ex

ちょっと前にDiamondバンドルが$173.42という破格の安値で売られてました。


これ定価$2999らしいですよ。(現在$999です)
セール狙いましょう。。

ちなみにプラグインやシンセのセールは、ブラックフライデーという時期がもっとも安いことが多いです。
11月の第4金曜日なのでもうすぐですね。
欲しい方は今から検討して見ましょう。


で、色々製品があってややこしいのですが、
まだWaves製品持ってない人はひとまずGold買っておけば良いと思います。

ひとつバンドル買って、必要なものがあれば買い足すイメージですね。
もちろんDiamondがちょっと前のGoldの最安値で売られる時代なので、セール次第でよりグレード高いものを導入しても良いと思います。

Goldでも一通り定番ものが入ってるので大丈夫です。


で、肝心の中身ですが、まず最初に言っておくとDAW純正プラグインからWavesプラグインに変えたからといって、すぐプロサウンドになるようなものではありません。。
確かに実際の現場でもWavesは普通に使われてますが、最近のDAW純正プラグインもわりと良いものが多く、中にはちょっと前高価で売られてたものが無料で入ってたりします。
なので雲泥の差があるって感じではないんですよね。

でももちろん良いこともあります。
それは使い方が簡単なことです。

プロ用ってイメージなのにちょっと意外ですが、Wavesプラグインはつまみ類が少なく、簡単な操作で済むものが多いです。

なのでむしろ初心者にもぴったり。
そして時短が必要な作編曲家にもとてもオススメなのです。

また、プロ用使ってるんだからショボいのはプラグインのせいじゃないな、と頭の切り替えも早くなります。

ここら辺はとても大事で、今はプロとアマの機材の差は本当に埋まってきてます。
こないだ行った現場では、私が家で使ってるスピーカーをエンジニアさんが自前でスタジオに持ってきてたってこともありました。
機材やプラグインのせいにせず、ちゃんと自分のスキルと向き合うことで少しづづプロレベルに近づけると思います。

そしてもうひとつ、動作が軽いです。
これもありがたいですね。
作編曲家はトラック数が沢山必要ですし、シンセ類も動かさなければいけないので、とりあえず挿しまくれるっていうのはとてもポイント高いです。

というわけでまとめると、
・セールで安ければおすすめ
・導入すればプロレベルになれるわけじゃないけど、プロも使ってるのでおすすめ
・簡単操作で時短になる。初心者にもおすすめ
・言い訳できなくなるのでおすすめ
・動作が軽いからおすすめ
・基本的におすすめ。でも無理して買うようなものじゃないからセール待ち


こんなイメージですね、私のWaves感。
あとは他にも沢山の方がレビューしてるので、色々参考にして見てください!

それでは

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひよ作

作曲、DTM/DAW、バンド活動等に役立つネタをお伝えしていきたいと思います。あくまでひよっこ目線での個人的な見解を書いておりますので、ひとつの意見としてご参考頂ければと思います。よろしくお願いします。